後期中間テスト対策会を開催しました!

後期中間テスト対策会

11月は後期中間テストが各中学校で行われますので、毎週末、テスト対策会を開催しています。

テスト対策会では、テスト範囲の学校のワークなど提出物の早期完成を目指してサポートを行っています。

また、テスト範囲の小テストプリントも解いてもらい、各生徒さんの理解度の確認を行っています。

スタディジャンプの定期テスト対策は、受験生以外の中1・中2でも手は抜きません。

中3と同じくらいの時間数、塾に来てもらいテスト勉強をしてもらっています。初めての生徒さんでも集中力が続くように、途中でカードゲームなどを使ったレクレーションなどの時間も入れて工夫しています。

今回のレクレーションでは、この「ぴっぐテン」というカードゲームを使いました。「ぴっぐテン」は、場の数と出す数の合計が10になるようにしながら、カードをたくさん手に入れることを目指すゲームです。5分~10分で決着がつくので、途中休憩のレクレーションにピッタリです。

毎週実施の中3土曜特訓

高校入試スタートまであと2ヶ月となり、志望校合格に向けて正念場を迎えようとしています。

スタディジャンプではフォロー体制を万全にするべく、伝統の中3土曜特訓を9月下旬から毎週実施しています。

土曜特訓では、個別指導の授業では行いにくい、英語リスニング特訓、計算特訓、入試過去問演習・解説などを少人数制グループ演習・授業で実施し、入試得点力を高めていきます。

家で勉強すると言っても一人で長時間の勉強は難しかったりします。学校が休みの日を、受験勉強に有効活用してもらうために中3土曜特訓を実施しています。

土曜特訓は、習熟度別に2グループに分かれてグループ授業を行っています。また、65型電子黒板を使い、解りやすい解説授業を行っています。

土曜日以外の平日の学習でも、友達同士で解らない問題を電子黒板に書いて教え合う場面が見られました。

塾にある電子黒板は、いろいろな場面で子どもたちの学習に活躍しています◎

数学の「球の表面積」の問題の解き方を、友達に教えている様子。

投稿者プロフィール

重松 弘樹
福岡県にある、柳川・みやまの個別指導塾スタディジャンプの塾長。
福岡県福岡市出身。柳川市に住んで8年目。
塾勤務歴は、大手学習塾(算数・数学科講師、正社員)、大手個別指導塾(教室長)など、学習塾歴16年目。
理想の個別指導塾をつくることを決意し、柳川・みやまの個別指導塾スタディジャンプを2021年5月に創業。丁寧な面倒見と圧倒的な合格率で、地域No.1の個別指導塾に成長させる。
三度の飯より塾が好き。時間があるときは全国各地の塾を見学に行き、理想の塾について研究するくらい塾が好き。