県模試&太宰府天満宮合格祈願会を開催しました!

12月3日(日)、中3受験生対象「県模試&太宰府天満宮合格祈願会」を実施しました。

受験直前のこの時期に、生徒のみなさんには改めてモチベーションを上げ、入試に臨んでもらおうとスタッフ一同、全力で応援する一環としてのイベントです。

朝9時から14時30分までは県模試を実施しました。

受験直前のこの時期の模試は、受験本番の練習の意味合いがあります。前日の土曜特訓でも模試の過去問で練習しましたが、「自分が解きやすい問題から解いていくこと」「時間配分」などに気を付けて解くようにアドバイスしました。また、普段の塾は服装自由にしていますが、今回の模試ではより本番に近い雰囲気で解いてもらいたかったので、制服着用で行いました。

その後、希望者を引率して太宰府天満宮に参拝に行きました。

受験生を太宰府天満宮に連れていくイベントは、前職の塾で毎年おこなっていました。

そのときの塾は、太宰府まで近い場所にありましたので行きやすかったですが、スタディジャンプは柳川市にあるので太宰府天満宮まで時間がかかります。

それでも、生徒たちのために何かしてあげたいと思い、今回企画しました。

神社で合格祈願をすると、「受験が近いのだな。受験勉強を頑張らないといけないな!」という雰囲気が出てきます。

スタディジャンプでは、このように「生徒のやる気に火をつける」イベントを開催し、生徒ひとり一人の志望校合格をしっかりと支援しています。来春の受験において、全員が笑顔になれるように生徒のみなさん、スタッフともに研鑽していきます。

投稿者プロフィール

重松 弘樹
福岡県にある、柳川・みやまの個別指導塾スタディジャンプの塾長。
福岡県福岡市出身。柳川市に住んで8年目。
塾勤務歴は、大手学習塾(算数・数学科講師、正社員)、大手個別指導塾(教室長)など、学習塾歴16年目。
理想の個別指導塾をつくることを決意し、柳川・みやまの個別指導塾スタディジャンプを2021年5月に創業。丁寧な面倒見と圧倒的な合格率で、地域No.1の個別指導塾に成長させる。
三度の飯より塾が好き。時間があるときは全国各地の塾を見学に行き、理想の塾について研究するくらい塾が好き。