令和6年度 福岡県公立高校 特色化選抜・第2志望校制度のまとめ

10月下旬に、各公立高校の入試の実施要項が公表されました。これで、今回の公立高校入試の全容がわかるようになります。

今回は例年の入試から変化した点が多数あります。塾の仕事に関わっている人間は、各高校の入試について情報を整理しないといけませんね。

この記事では、「特色化選抜」「第2志望校制度」についてご紹介します。

特色化選抜について

昨年に引き続き、生徒の多様性を評価し学力試験のない『特色化選抜』を実施する学校が大幅に増えています。

福岡県内の公立高校で特色化選抜の実施校は、前年度と比べて24校増え64校で実施されます。

内定者上限人数(目安)
令和4年度3541人
令和5年度5855人
令和6年度7455人
福岡県公立高校 特色化選抜 人数の推移(県内の実施校の合計)

前年度までは「出願資格」に3年次の合計評定が入っていましたが、今回から「出願資格」から3年次の合計評定が外れ、「内定基準」という項目が新しくできて、そちらに3年次の合計評定が入っています。

出願資格から評定は外れたので、「内定基準」の評定に満たない生徒さんでも出願は可能になりました!

特色化選抜の実施要項には上記のような記載があり、「内定基準」を満たさない生徒さんは、「内定基準」を満たす生徒さんと比べると合格内定の可能性が下がることがわかります。

※久留米商業高校は例外で、「出願資格」に3年次の合計評定が入っています。


特色化選抜 各高校の評定の一覧表

南筑後地区の生徒さんがよく受験する公立高校の特色化選抜の実施校と評定の基準をまとめました。

詳細は、各高校のWebサイトをご確認ください。

3年次の合計評定
大川樟風高校
※内定基準
普通科
【ア 文化・スポーツ】22
【イ 生徒会活動】22
【ウ その他】23
住環境システム科
【ア 文化・スポーツ】21
【イ 生徒会活動】21
【ウ その他】22
久留米商業高校
※出願資格
大学進学コース
【A方式】38
【B方式】34
【C方式】34
経営情報コース
【A方式】38
【B方式】34
【C方式】34
経営総合コース
【B方式】32
【C方式】27
山門高校
※内定基準
普通科
【学業分野】26
【部活動分野】25
【生徒会活動分野】25
理数探究コース
【学業分野】27
【部活動分野】26
【生徒会活動分野】26
三池高校
※内定基準
【A項】34
【B項】32
三池工業高校
※内定基準
エネルギー系
【学業分野】27
【部活動分野】25
【生徒会活動分野】25
メカトロニクス系
【学業分野】28
【部活動分野】26
【生徒会活動分野】26
社会基盤系
【学業分野】26
【部活動分野】24
【生徒会活動分野】24
ありあけ新世高校
※内定基準
27
特定の部活動は26
八女農業高校
※内定基準
24
三潴高校
※内定基準
普通科
25
普通科スポーツ文化コース
24(体育3以上)
特定の部活動は22

第2志望校制度について

南筑後地区では、今回初めて第2志望校を志願できるようになりました。

今までは、一般入試で不合格だった生徒さんは、他の公立高校を受験しようとする場合、別日程の補充募集でしか受験できませんでした。今回の入試からは、第2志望校を願書に記入した場合はそちらでも選考が行われます。

これは、一般入試で高校受験する生徒さんに、朗報です!

福岡県のホームページより引用

○中学生の進路選択の幅を拡げ、県立高校を志願しやすい環境をつくるため、一般入学者選抜において、教育委員会が指定する高校(学科・コース・系)に対する第2志望での志願を可能としています。

※特色化選抜、推薦入学者選抜等では実施しません。

○第1志望校から学力検査の結果等を送付するので、改めて書類の提出や学力検査の受検等は必要ありません。

○第1志望校において合格とならず、第2志望校に欠員が生じている場合に限り、第2志望校で選考が行われます。

○第2志望校制度による志願は、県内全域から行うことができます。

第2志望校として志願できる高校(南筑後地区の高校を抜粋)

・三潴高校(普通科)

・大川樟風高校(普通科、住環境システム科)

・山門高校(普通科、普通科理数探究コース)

まとめ

私立高校専願に流れる生徒さんを引き留めるため、公立高校の入試は受験しやすいように変化してきています。

次年度以降も、高校入試は何かしら変化があるでしょう。

特色化選抜は今人気の入試です。受験する生徒さんはしっかり対策をして臨みましょう!

参考資料

投稿者プロフィール

重松 弘樹
福岡県にある、柳川・みやまの個別指導塾スタディジャンプの塾長。
福岡県福岡市出身。柳川市に住んで8年目。
塾勤務歴は、大手学習塾(算数・数学科講師、正社員)、大手個別指導塾(教室長)など、学習塾歴16年目。
理想の個別指導塾をつくることを決意し、柳川・みやまの個別指導塾スタディジャンプを2021年5月に創業。丁寧な面倒見と圧倒的な合格率で、地域No.1の個別指導塾に成長させる。
三度の飯より塾が好き。時間があるときは全国各地の塾を見学に行き、理想の塾について研究するくらい塾が好き。